レーザー脱毛と光脱毛は、仕組みとしては同じものですが色々と違いがあります。
レーザー脱毛はクリニックでしか受けることができません。
クリニックで使われるレーザー脱毛のマシンは、サロンで使う光脱毛の機械よりも照射出力が強くなっています。
この機械を扱うにのは医療行為に当たるので、レーザー脱毛をするためには医療資格が必要と法律で決まっています。
出力が高いということは脱毛効果も高いということですが、その分肌への負担も大きいです。
技術の発展によって、脱毛の安全性はどんどん高まっていますが、それでも100%リスクがないとは言い切れません。
サロンでは万が一何かあったときに対応できないので、レーザー脱毛はしてはいけないと決まっているのです。
クリニックであれば当然お医者さんがいますから、何か肌トラブルがあっても適切な薬を出してもらうなどの処置もできます。
また、レーザー脱毛は光脱毛よりも痛みが強いといわれていますが、医療機関であれば麻酔が使えますから痛みを緩和することができます。