» 2014 » 10月のブログ記事

みなさんは、顔の産毛の処理はどうしていますか?
意外と気になってしまう顔の産毛。
カミソリなどでの処理だと、お肌が傷ついてしまいます。

お肌への優しさを考慮すると脱毛が1番ですが、産毛のような顔のムダ毛に効果はあるのでしょうか?

実際のところ...
眉毛なみの濃さがあれば効果はあるようですが、顔の産毛のように薄く細い毛には脱毛の効果は現れにくいようです。
ですので、脱毛に掛かる期間も相当長くなってしまうようです。
「針脱毛」による脱毛だと、確実に一本一本のムダ毛を脱毛することができますが、痛みが強いのと、こちらも相当の時間が掛ります。

また、目の周りなどの皮膚の薄い部分は脱毛できなかったりと中々デリケートな脱毛になります。
ですので、「抑毛ローション」などでのケアをオススメします^^
抑毛ローションとは、使用していくと徐々に毛が生えなくなるというものです。

カミソリと抑毛ローションを併用してもいいかもしれませんね。
美肌・保湿効果のある抑毛ローションもありますので、一石二鳥ですよ♪

ムダ毛の処理方法はたくさんありますが、お肌が敏感な方は控えた方がいい処理法があるんです。
お肌がデリケートな敏感肌は、処理後のケアをしっかり行うことも大切ですが、お肌に合った自己処理をすることも重要です。

お肌に合う合わないは人によって違いますが、比較的肌へのダメージが大きいものをご紹介します。

1.ワックス脱毛
ワックスによる処理は、ジェル状・シート状のワックスをお肌に塗り、一気にはがすことでムダ毛をなくすものです。
この方法は、敏感肌の方は内出血を起こしてしまったりというトラブルを起こしかねません。
また後々、埋没毛を引き起こす方が多いようです。

2.脱毛クリーム
脱毛クリームは毛を溶かす成分が配合されているので、肌への刺激があります。
肌に赤みを引き起こすこともあるので、使用前にはパッチテストを必ず行いましょう。

主にこの2つが、肌への負担の大きい処理法といえるでしょう。
トラブルを防止するためにも、自己処理後のアフターケアはしっかりしましょうね。